中国に来たら最初にやること

中国に引っ越しをしたら、まず何をすべきか。何が必要なのか。

これは、人それぞれだと思うけど、私の場合は
「スマホがネットにつながる」「銀行カード(口座)」
この2つがあれば生きていける!と思った。

上海というのもあって、生活必需品はいくらでも売ってるし、サービスアパートメントに住むので必要最低限のものもある。
でも、どこに行ったらいいかわからないし、中国語話せないから何か困ったときにどうしたらいいかわからなくなる。
ということで、初日にこの2つだけは済ませた。そしたら国が変わってもどこでも1人でも生きていけそうな気がした。

1)銀行口座を作る

銀行口座がないと、SIMカードが買えないねーってことで先に銀行口座を作ることに!
銀行はそれはもういっぱいあって、正直どれでも良かったので、SBIレミットの海外送金サービスが使えるから、「中国工商銀行」にした。
※なんとなく町中のATMは、中国銀行か中国工商銀行か交通銀行あたりをよく見かける気がする。

最寄りの中国工商銀行に行って、係のお姉さんに「口座作りたい」てカタコトの英語で言うと、カウンターに連れて行ってくれる。大手銀行は英語通じる人がいる。
そんでパスポートを提出して、申込書に「名前」「住所」「パスポート番号」「連絡先」などなどを書く。
そしたら、パスワード入力する機械を渡される。(クレジットカードの機械みたいなやつね)
パスワードは6桁。2回入力して設定完了。
手数料は「2元」払う必要がある。
※この「2元」が聞き取れなくて、何度も何度も聞いて困った・・・(多分 “two yuan”て言ってたのかも)

後は「ネットバンキングやりたいか」と聞かれて、とりあえず「やりたい」というと、もう1度パスワード設定。
そんで、ワンタイムパスワード用のカード型計算機みたいな端末渡されて、終了。

銀行カードを受け取って口座作成完了!
外のATMに行って、現金を振り込み。引き出しのみのATMと、振り込みができるATMがあるので注意。こっちのATMは個室になってて(駅とかデパートにあるのはオープンなやつだけど)、ドア閉めて鍵かける。

ATMは最初の画面で「ENGLISH」を選択すると、英語表示になるので安心。(中国語でもそんなに難しくない)
ただ、注意したほうがいいのは、

カードを取り出すボタンを押さないとカードが出てこない。

これ、日本人は忘れがちらしい。絶対最後に「取り出し」ボタンを押してカードを忘れないように。
これで、どこでも使える便利な銀行カードが完成!!
デビットカードなので、支払いはいつでもこれを出すだけ。
しかも、「wechat(微信)」「Alipay(支付宝)」アプリで設定すると、アプリで支払い決済ができるようになる・・・!(これについて詳しくはまた次回)

2)スマホがネットにつながるようにする

続いて、SIMカード購入。
日本ではnexus5を使っていたけど、中国ではGoogle先生が軒並み使えない・・!!泣く泣くiPhone6sのSIMフリー端末を日本で買っておいた。(日本のほうが俄然安い。円安)
※未だにこれは悲しい。marshmallow大好きだった。nexus5X買いたかった。「OK,ぐーごぅ」てネイティブ風発音で言ってたかった。

現地の不動産屋さんに、買うのを付き合ってもらったんだけど、

「中国移動(ChinaMobile)と、中国聯通(ChinaUnicom)どっちがいい?」

て言われて、何が違うの?つっても何も変わらんとか言われて、
なんとなくChinaUnicomに。本当になんとなく。

ChinaUnicomのショップに行って、「申し込みたいー」て言って(これは中国語で言ってもらった)、名前やら住所やら銀行口座やら申込書に記載。これもパスポートを出した気がする。

「電話番号どれがいい?」

て聞かれて、いくつか見せられて選ばせてくれる。なんのこだわりもないので、1番上のやつにした。中国人は数字にこだわりがある人が多いとか。

こちらのSIMはチャージ式になっているのだけど、月々の通信料別にいくらずつ毎月自動チャージするかというプランを選ぶ。最初でよくわからなかったので、多めの3GBにした。
※結果としては1GB弱しか使わなかった。街中のいたるところでWiFiが飛んでいるから。
※後、wechatなどのアプリからいつでもチャージできる。友達にチャージしてあげることすらできる。(これもまた次回)

それでSIMを試しに入れてみて、通信できること確認して、設定完了!!
実に簡単。

これでひとまず、お金が払えて、ネットにつながる状態になったーーーー。もう生きて行ける!
実際これでもう1人でふらふらとランチ行ったり買い物行ったりしていた。

そして、「iPhone設定」したり、「必須Appを入れる」したり、「VPN設定」したりするんだけども、後日!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。