上海師範大学留学(1) 申請するまで

大学をどこにするか、がまず最初の悩みだった。
そして、申請手続きを日本からできるのか・・・?時期が間に合うのか・・・?何が必要なのか・・・?
もうわからないことだらけでどうしようかと思った。

上海に駐在する、と決まって、日本でまずピンイン(発音)の学校に通っていた。
最終的には大学に留学したいなあとは思っていたけど、全くの語学力0状態なので、最初は街の語学学校に通って、中級レベルになったら大学に行くのかなあとぼんやりと考えていた。
その時通っていた学校の先生に、その話をしたら

「え?最初から大学で大丈夫でしょ。初級クラスからありますよ。代理店とかも通さなくて平気でしょー。」

と言われた。

おお!それならば早速大学に申し込もう!と思ったのが、12月半ばを過ぎたころ。
ググッて調べても調べても、・・・・情報が薄い!!!

情報が古そうなものも多く、いつのHPだろう。。。というものがほとんど。
入学代理手続きをする会社の大学まとめ記事などをひたすら、1つ1つ読んでは、情報が足りなくて、ううううううう、とイライラ。

「どうやって大学を決めたか」「どうやって申し込んだか」
この2つを紹介する。

(1)どうやって大学を決めたか

まずは、ググッて、留学コースのある上海の大学を調べて、距離的に通えそうなところをピックアップ。
といっても、この頃はまだ日本で、近いんだか遠いんだか、よくわからん。
GoogleMapで必死で距離感を調べた。

次に、まだ春期コース申請が間に合うかどうか
これは、代理店HPに掲載されている締切日は、代理店としての締切日なので、(ビザ申請などもあるので、かなりバッファを持たせている)代理店HPに載っている情報は目安として考えた。
その後に、実際の大学HPに行って・・・うう、見づらい。。。迷子になる。
1月頭までの手続きで間に合いそうなものに絞る。
※大学によっては、現在2月末時点でもまだ受け付けてたりするから、そんなにこれはシビアに考えなくてよかったのかも。

次に、どのコースにするか
大体どこもあるのが、「半年長期コース」「短期コース(長期休みに限る)」
ひとまず1年は確実に通いたいから前者だな、と思った。
後は、いくつかの大学は「強化コース」があった。
これは、通常のクラスは週に15コマの授業のところ、30コマあるというもの。(1日6時間授業)
調べたところ(ネットだけじゃなくて電話もしてみた)、大学によるけれど、初級の通常クラスは1クラスあたり20〜30人の生徒がいる。
強化クラスは4〜5人程度。少人数のほうがありがたいが、値段は倍。

短期集中でガッツリ勉強して早く上達して、半年間で中級レベルになろう!
そして、半年後からは中級で通常クラスに通おう!(中級以降は人数がそこまで多くないらしい)
そう思って、強化コースに通うことにした。

そうすると大学は絞られて、「華東師範大学」か「上海師範大学」。
場所的にはどちらも便利。「華東師範大学」は日本人街である古北に近いため、日本人奥様が多い、というクチコミもあった。(実際はどうだかわからない)
あえて友達を作るためにそっちを選ぶという手もありだったと思うが、なんとなく私は「上海師範大学」を選んだ。

(2)どうやって大学に申請したか

申請手続きに何がいるのか・・・よくわからない・・・!!
もう、代理店に頼んでしまおうか。いや、住宅やビザの手続きがないのに、お金払うのはもったいないか。と、何度か心が折れそうになった。
でも幸い、上海師範大学は、「ネット申請」が可能だった。
しかも、かなり情報薄いけど、大学HPが日本語対応までしていた。

申請はネットから、必要事項をフォームに記載して申し込むだけ。
・パスポート情報
・自分の画像(これはスマホで撮って、適当に加工してアップロードした)
・住所
・申し込むコース
といったものを記入する。

中国語と英語なので、これはそんなに難しくない。
難易度的には、飛行機の中で書く「入国手続き」の用紙くらいな感じ。(書く内容もそんな感じ)
ただ、ここに書く住所を、日本の住所にしたせいで、後々面倒くさいことになった・・・。(後述)

後は、入学手続きのお金を申請後7日以内に払えと。
大学の銀行に振り込めと。
そしてその証跡をスキャンしてメールしろと。

いきなり、難易度高い!

そして、もうね、その時年末だったんだよね・・・銀行手続きの最終営業日
海外の銀行に振込したことなかったけど、意外と面倒臭いのね・・・!!
ググった結果、「郵便局でやれ」ということに。確か手数料が安かったのかな。

そのとき、しかも、倉敷に一人旅をしていた。でも、やるしかない。
調べたら、倉敷の郵便局で海外送金できる・・・!!ギリ間に合うかも。
倉敷着いたら、まずは郵便局へGO。私は旅先で観光もせずに何をしてるのか。
何度も何度も海外送金の書類を書き損じて、4回めくらいにやっと書けた。手書き難しい。
最終営業日だから、入金処理は年明けになるよと。

まあ、いいのいいの。入金したよというエビデンスがあれば、どうにかなるさ。
さて、後は旅行先で、どうやって海外送金書類をスキャンするか・・・・。
最近のコンビニは、コピー機でスキャンして、アプリに飛ばすってことができた気がしたけど・・・、倉敷のコンビニではできない!ひえー。メールに送信させてよー。

コピー機でスキャンしたデータは、USBにしか保存できないらしく、USB買うかな・・・と思いつつ、まあ、カメラで撮ればいいかと。
結局、スマホのカメラで撮影して、そのデータを大学のメールに送りつけました。
カタコトの英語で、「送金はしたけど、日本の銀行は正月休みになるから、年明けに確認できると思うよーん」とメッセージを添えて。

そしたら、まあ大丈夫でした。これで、ひとまず入学申請のヤマは越えた!
年明けに「入金確認したよ。入学手続きに必要な書類送るから住所確認して」てメール来たので、
「1月から上海だから、上海の住所に送ってちょ」て返信。

でも、上海に来てから、全然、全然、書類来なかった。
「来ないよー!」てメールしたら、

「日本に送ったし!」て言われた。えー。

「上海に引っ越してるから上海に送ってよ」と言ったら
「教授に確認する」と言われ・・・
メールのやり取りを引用しつつ「あなたのせいだから、ちゃんとやって」と強めに言ったら

音沙汰なくなった・・・。

あんなに気さくにやり取りしてたのに!親切に色々と教えてくれてたのに!
プライド傷つけたの・・・?

でも無事3日後くらいに書類が届いた。ホッ。
これで後は入学日まではすることなし!


いやーとにかく情報がなさすぎて、「大学を選ぶ面倒臭さ」「申請手続きの面倒臭さ」「海外送金の面倒臭さ」この3つが重なって、もう代理店に丸投げしようかと何度も思った。

でも、結果的には、全然自分でできた。カタコトの英語力があれば、いける。
大学の授業はまだこれからなので、いい選択ができたのかはまだわからないけど、クエストを1つ1つクリアしていく感じで、まあ面白かった。

でもこれに「ビザ申請」「寮の手続き」「引っ越し」まで加わったら、もう自分では無理だなあ。
それならもう代理店にお願いしてしまうと思う。

大学本科生に行けるよう、頑張る・・・!!